アジアへ散歩に行ってきます

2010年12月 バリ島で新年(9) バリ島寺院観光


BaliMap.jpg

(ロンリープラネット日本語版 バリ島&ロンボク島 より無断拝借)


1月2日はホテルのツアーデスクで予約していたバリ島寺院観光の日です。
8時間かけて3つのお寺とサルがたくさんいる場所を巡るツアーです。
金額は640Kルピー、約6,400円です。

ツアーといってもいくつかある定番コースから選んで
車をチャーターする形でお寺の入場料などは自分もち、
昼食などいっさいついていません。

そのかわり余計な場所に連れて行かれることもなく、
行きたい場所も多少なら自由が効きます。
スタート時間も自分で決められます。

申し込み時にはサルを見に行くのは止めて
デンパサールの町を見たいと注文をつけましたが、
前日結構疲れたのでデンパサールは止めにしました。

まずはメングウィでタマン・アユン寺院を見て、
ベドゥグルでブラタン湖とウル・ダヌ・ブラタン寺院を見て、
夕方タナロット寺院を見てホテルに戻るというコースです。


朝10時にホテルのツアー・カウンターへ行きツアー開始。
用意された車はミニバンで助手席に座りましたが広くて楽チンでした。
運転手はおだやかな性格の人で助かりました。

Bali0901.JPG


クタは相変わらずの渋滞でしたが、
レギャンを抜けた辺りから快適に走り出しました。

あいにくこの日は雨が降ったりやんだりという天気でした。

Bali0902.JPG

Bali0903.JPG


クタとは違った風景が見れて、
走っているだけで意外と楽しいです。

運転手さんは時々雑談をして、
たいていは黙っているという具合で
うるさくないし無口じゃないしちょうどいい感じです。

Bali0904.JPG


だいぶ走ってタマン・アユン寺院に到着。
運転手さんはロイヤル・テンプルと言っていて
最初、別の場所に連れてこられたのかと思いました。

運転手さんに入り口の場所を教えられ後は一人で観光です。

Bali0905.JPG


入り口のチケット売り場には誰もおらずそのまま入ると
中の係員にチケットを買って来いと言われました。

ところが誰もいなかったぞと一言いうと、
じゃあいい、と簡単にそのまま通されました。

いいのか、そんなんで?

Bali0906.JPG

Bali0907.JPG


バリ島で2番目に大きい寺院だそうですが、
それでもさほど大きいお寺ではありません。

お寺の中央部には入れずまわりの通路から見るだけですが、
それで十分全部見れます。

Bali0908.JPG

Bali0909.JPG


大きな建物はなく、
小さな建物が敷地内にたくさん並ぶスタイルです。
壮大さはありませんが繊細な美しさがあります。

Bali0910.JPG

Bali0911.JPG

Bali0912.JPG


カンボジアのクメール帝国の遺跡とも
タイのきんきらのお寺とも違う独自の文化ですが
なぜかむしろ日本の文化に近いような気がしてしまいます。

Bali0913.JPG


ツアーとはいえ時間を気にせず自分のペースで見れてなかなかいいです。
やっぱりツアーというより車のチャーターなんでしょうね。



車に戻って次の目的地へ。
次はブドゥグルです。

Bali0914.JPG


ドライブしながら、
次バリ島に来たらクタじゃないところに滞在したいけど
どこがいいか聞いて見ました。

ウブドはどうだと言われましたが
昨日行ってあまり気に入らなかったし
海の近くがいいというとサヌールとかヌサドゥアとか
ガイドブックに出ている地名をいくつか言いました。

大きな高級リゾートホテルはバリ島が感じられないから
バリ島が感じられるような小さなホテルがあるところがいい、
というと、ならサヌールがいい、と運転手さん。

サヌールね。

この運転手さん信じて、
もしまたバリ島に来たらサヌールに滞在してみますか。


しばらく走ってブラタン湖に到着。
バリ島有数の観光地らしく車でいっぱいです。




天気は雨。
傘を差してウル・ダヌ・ブラタン寺院を見物に行きました。

Bali0915.JPG


湖に浮かぶ小さなお寺。
天気が良かったらもっときれいだったんだろうなあ。
雨季ですからねえ。

Bali0916.JPG


大勢いる観光客はほとんどインドネシア人。
この時期はジャカルタから大勢観光客が来るそうです。

Bali0917.JPG

Bali0918.JPG

Bali0919.JPG


また晴れている時に見てみたいものです。

Bali0920.JPG




車に戻り運転手さんと合流。
次の目的地へと向かいますが時間はもう1時過ぎ。

ランチが食べたいというと少し走って
道沿いにあるレストランに連れて行ってくれました。

当然いっしょについてくるのかと思ったら
食事は私一人で運転手さんは車で待機です。
たまに食事代を全部出させられたという話を聞きますが、
そんなそぶりもレストランにバックマージンを要求しているそぶりも無し。

この運転手さん、当たりかも。


レストランに入ると窓の外はライス・テラスの絶景でした。
値段もクタの町中のレストランの半分ぐらいでした。

Bali0921.JPG


食べたのはサラダとナシゴレン。

Bali0922.JPG

Bali0923.JPG


食後、車に戻り運転手さんに食事はしたのか聞くと食べたとの答え。

どこかで待機中に簡単に済ませたのでしょう。
この人なら食事ぐらいおごってあげてもいいかな
と思う人に限ってこんなものです。


次はタナロット寺院。
クタの方向へ田舎道をずっと南へ走ります。

ずっと黙っていた運転手さんがぼそっと一言。

This is Bali.
これがバリさ。

クタはバリじゃない、
とまでははっきりとは言いませんでしたが。


そして夕刻に合わせてタナロット寺院に到着。
夕日のタナロット寺院がきれいだそうですがあいにくの天気です。

中に入るとしばらくみやげ物やが続きます。
その先に割り門があり海が見えてきました。

Bali0924.JPG

Bali0925.JPG


海の中にある岩の上にお寺があり、
確かにいい風景ですが逆光で良く見えませんでした。
小さなお寺だし・・。

夕日が見れないのなら逆光じゃないときに見てみたかったです。

Bali0926.JPG

Bali0927.JPG


ここもすごい数の観光客です。

Bali0928.JPG

Bali0929.JPG


人が立っている岩の上に波が押し寄せ、
ここ、気をつけないと結構危険かもしれません。

Bali0930.JPG


お寺より海の景色が意外と良かったです。



さて、これで観光も終わり。
後はクタのホテルに戻るだけです。

帰り道、田舎道にずっとペンジョルがたっている風景が印象的でした。

Bali0931.JPG






快調に走っていましたが、
クタに近づいたとたん渋滞で車が動かなくなりました。

クタだけで1時間だぜ、と運転手さん。





ホテルに着いたのは午後7時。
本当にクタだけで1時間かかってしまいました。
1ヶ所減らしたのに8時間の予定が9時間かかってしまいました。

1ヶ所1ヶ所の観光名所はまあまあぐらいの場所でしたが、
トータルでは雨にもかかわらず満足なドライブでした。


翌日の空港への車もこの運転手さんに頼むことにしました。


関連記事
スポンサーサイト



go-ichi

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:https://gh51.blog.fc2.com/tb.php/350-a03497e1